あかがね川柳

愛されているのは人か財産か    稲葉浅治 
人材を人財にした会社伸び    稲葉浅治 
財産の分け方揉める通夜の席    稲葉浅治 
財産が無くても揉める相続時    稲葉浅治 
わが貯金引いてばかりで足すは無し   稲葉浅治 
忘れもの探し探して日が暮れる    稲葉浅治 
忘れたのいいえ覚えていなかった    稲葉浅治 
出すハガキ昨日も今日もカバン中    稲葉浅治 
忘れ物一つも無くて淋しい日    稲葉浅治 
忙しくて感謝の気持ち忘れ勝ち    稲葉浅治 
二階行き何で来たのか忘れてる    稲葉浅治 
メモのメモどこへ行ったと大さわぎ    稲葉浅治 
最近は黙って探す忘れ物    稲葉浅治 
毎日が愚か愚かの繰り返し    稲葉浅治 
正論が常に通ると信じてた    稲葉浅治 
愚かにも連帯保証家失くす    稲葉浅治 
名弔辞思わず拍手にらまれる    稲葉浅治 
冗談をまともに信じ待っていた    稲葉浅治 
酩酊し愚かなことで左遷され    稲葉浅治 
大臣が失言ばかり繰り返えし    稲葉浅治 
血走ってミサイル上げる北の国    稲葉浅治 
朝寝坊走るか休むか思案顔    稲葉浅治 
終電車走り込んだら逆方向    稲葉浅治 
傘持たぬ人を走らす俄か雨    稲葉浅治 
走っても広告通り着かぬ家    稲葉浅治 
抜いちゃ駄目その子課長の愛娘    稲葉浅治 
千羽鶴千の個性が光ってる     稲葉浅治 
古希過ぎて舞台の要いぶし銀     稲葉浅治 
定年後朝の光は床の中     稲葉浅治 
年老いてますます光る年の功     稲葉浅治 
夫死す光始める妻多し     稲葉浅治 
卒業式分校最期涙顔    稲葉浅治 
卒業式ママのドレスが目立ち過ぎ    稲葉浅治 
卒業式入学時より個性出る    稲葉浅治 
わが師の恩はじめてわかる卒業式    稲葉浅治 
勉学に卒業はなし死ぬるまで    稲葉浅治 
一本の糸を大事に五十年    稲葉浅治 
老い二人足して一つの夢を追う    稲葉浅治 
おだやかな暮らしを目指す忍一字    稲葉浅治 
一日が終わると酒が待っている    稲葉浅治 
一円に泣く人いれば笑う人    稲葉浅治 
倦怠期糸一本が千切れそう    稲葉浅治 
思い出の一枚とうとう捨てらず    稲葉浅治 
世界中平和を一番望んでる    稲葉浅治 
本門寺 長い階段 息が切れ     稲葉浅治 
江戸時代 建立された 五重塔    稲葉浅治 
日本画の 川端龍子 記念館    稲葉浅治 
大きな絵 ぞろぞろ並ぶ 展示室    稲葉浅治 
旧宅は 広いアトリエ 樹々茂る    稲葉浅治 
かな書道 熊谷恒子 記念館    稲葉浅治 
かな文字の かすれの表現 目を見張る     稲葉浅治 
冬到来丹勢社宅じゃ笑ったよ    川村知一 
目が覚めて息を吐いたら白煙    川村知一 
目が覚めて頬に触れたら0℃    川村知一 
便所では粉雪吹上御殿かな    川村知一 
雨戸からダイヤモンドダスト差し込んで    川村知一 
冷蔵庫扉を開けると春の風    川村知一 
洗い桶氷の中に皿や箸    川村知一 
洗濯機排水口が凍りつき    川村知一 
物干しで衣類はすぐにバリバリに    川村知一 
ビール瓶凍らないよう冷蔵庫    川村知一 
鶏小屋の卵が凍り殻にヒビ    川村知一 
輪番で日中停電火鉢だけ    川村知一 
小学生立小便で暖をとり    川村知一 
ほろ酔いで済めば身体によいお酒    稲葉浅治 
一日が終わると酒が待っている    稲葉浅治 
無礼講まともに受けて左遷され    稲葉浅治 
その先を聞きたくなってお酌する    稲葉浅治 
盃にグチを落として一気飲み    稲葉浅治 
恥をかき汗をかきかき定年日    稲葉浅治 
読めるけど書けない文字の多いこと    稲葉浅治 
よく見たら値札の0を見落した    稲葉浅治 
祝儀袋中身忘れて恥をかく    稲葉浅治 
言い訳けはいらぬそれより恥を知れ    稲葉浅治 
子が巣立ち二人それぞれ一人部屋    稲葉浅治  
電話鳴る出たいけれどもすぐ立てぬ    稲葉浅治  
高齢者顔の寝ぐせに腹を立て    稲葉浅治  
ウチのパパいざという時役立たず    稲葉浅治  
役不足わめく人ほど役立たず    稲葉浅治  
結婚線二本あるのにまだ独り    稲葉浅治  
喪服着てそっと喪服の声を出す    稲葉浅治  
一瞬で上下関係わかる犬    稲葉浅治  
急いでもゆっくりしても一時間    稲葉浅治  
弁護士は勝つも負けるも損はせず   稲葉浅治  
人を見て注意しないと危ない世    稲葉浅治 
味のある注意をされて身に沁みる    稲葉浅治 
やんわりと言われた方がよく沁みる    稲葉浅治 
騒ぐ子に注意をしないヤングママ    稲葉浅治 
玉子焼きこがさぬように主夫修行    稲葉浅治 
エスカレーターどちら空けるか西東    稲葉浅治 
かけ込んだ逆方向の終電車    稲葉浅治 
塩コショウ間違え砂糖にわか主夫    稲葉浅治 
乾電池プラスマイナス動かない    稲葉浅治 
ライバルをけおとす筈がけとばされ    稲葉浅治 
あれも忘れこれも忘れて日が暮れる    稲葉浅治 
何のため二階へ来たか忘れてる    稲葉浅治 
最近は黙って探す忘れ物    稲葉浅治 
五十肩孫抱いた時忘れてる    稲葉浅治 
金もうけモラルどこかへ置き忘れ    稲葉浅治 
FA展1年振りの五十名    稲葉浅治 
見物も1年振りのFA展    稲葉浅治 
バライティ富んで楽しいFA展    稲葉浅治 
ライバルの上達振りに驚いた    稲葉浅治 
子も孫も見にきてくれたFA展    稲葉浅治 
あの人も見にきてくれたFA展    稲葉浅治 
昼休み丸の内から来てくれた    稲葉浅治 
FA展おかげでいつもの同期会    稲葉浅治 
FA展写真グループ昼食会    稲葉浅治 
来年も元気で出そうFA展    稲葉浅治 
伝統の能楽守り楽しもう    稲葉浅治 
さすが国立新宿御苑    稲葉浅治 
早春の梅と桜が競い会い    稲葉浅治 
内藤家屋敷神社の多武峰(とうのみね)    稲葉浅治 
家康がムチを洗った策の池(むちのいけ)    稲葉浅治 
快晴の歩こう会の初歩き    稲葉浅治  
亀ケ岡八幡宮に初詣    稲葉浅治  
キリストのバルバナ教会ひざまずく    稲葉浅治  
新築の赤城神社は総鎮守    稲葉浅治  
神楽坂毘沙門天にご挨拶    稲葉浅治  
赤穂義士線香にむせぶ泉岳寺    稲葉浅治 
洋式の火の見やぐらが火事防ぎ    稲葉浅治 
キリストに導かれ学ぶ明学院    稲葉浅治 
猫さんが松岡アートに招き入れ    稲葉浅治 
見学は後回しにしてまずエビス    稲葉浅治 
大繁昌小児科やめて老人科    稲葉浅治 
調子良し今日は病院高齢者    稲葉浅治 
風呂上り湿布貼り合うフルムーン    稲葉浅治 
飛べる筈見事に落ちた水たまり    稲葉浅治 
赤い糸どうにか切れず五十年    稲葉浅治
被曝者の苦労乗り越え幸つかむ    稲葉浅治 
猛暑日に子供等鮎のつかみ取り    稲葉浅治 
一億をついにつかんだ宝くじ    稲葉浅治 
四十過ぎやっとつかんだ赤い糸    稲葉浅治 
幸せを二人でつかむ赤い糸    稲葉浅治 
昼課長夜は社長の繁華街    稲葉浅治 
社長さんおだてあげられオードブル    稲葉浅治 
頭下げあやまり上手名社長   稲葉浅治 
社長辞め会長就任無責任   稲葉浅治 
社長にもチャレンジほしい大会社    稲葉浅治 
しだれ桜都内有数六義園    稲葉浅治 
富士山に行かず登れる富士神社    稲葉浅治 
江戸時代学僧溢れた吉祥寺    稲葉浅治 
大食堂女子生多い東洋大    稲葉浅治 
アジサイの山に登れる白山社    稲葉浅治 
ハチ公が先生と会う農学部    稲葉浅治 
回らない寿司屋で食べて目を回し    稲葉浅治 
一貫も十皿も同じ寿司の時価    稲葉浅治 
カウンター言葉いらない回る寿司    稲葉浅治 
魚偏の湯呑み半分わからない    稲葉浅治 
お寿司屋にショートケーキもお団子も    稲葉浅治 
三崎稲荷お賽銭あげ写真撮る    稲葉浅治 
漱石が学んだことある小学校    稲葉浅治 
明治大23階良き展望    稲葉浅治 
伝統の神田やぶそば店復興    稲葉浅治 
目の前を電車が走る万世橋    稲葉浅治 
真面目だけ頼りに登る八十路坂    稲葉浅治 
生真面目で永年勤続平社員    稲葉浅治 
生真面目が取柄であるが財は無し    稲葉浅治 
駆け引きも妥協も知らずただ真面目    稲葉浅治 
真面目さを教えてくれた父の靴    稲葉浅治 
綱吉の権現造り根津神社    稲葉浅治 
古河の株価上れと初詣で    稲葉浅治 
国指定古きを守る根津教会    稲葉浅治 
ステンドがとてもきれいなテモテ教会    稲葉浅治 
観音寺築地土塀の美しく   稲葉浅治 
驚いた谷中弁当200円    稲葉浅治 
温泉のおかげで子供一人増え    稲葉浅治 
貸切でアダムとイブになった夜    稲葉浅治 
風呂上りシップ貼り合うフルムーン    稲葉浅治 
名月を手にすくい取る露天風呂    稲葉浅治 
驚いたこれが女房美人の湯    稲葉浅治 
嫁が捨て姑が拾う期限切れ    稲葉浅治 
安かった沢山買った捨てる破目    稲葉浅治 
捨てる神ばかりで拾う神はいず    稲葉浅治 
大臣を捨てたうちわと観劇会    稲葉浅治 
酒タバコ捨てて白寿の仲間入    稲葉浅治 
習晋は、「修身」のごとままならず    谷口啓治 
習晋の笑顔、何処(いずこ)かに置き忘れ    谷口啓治 
習晋の思いは目線に顕れ、不問なり    谷口啓治 
習晋の報道哀し、波高し    谷口啓治 
習晋は、説明責任果たせるか    谷口啓治 
会談も解散も他人(ヒト)任せ    谷口啓治 
参加者の心を映す青い空    稲葉浅治 
景色よし塚山公園見晴らし台    稲葉浅治 
大楠山三浦半島最高峰    稲葉浅治 
展望台ランドタワーもはるか見え    稲葉浅治 
頂上を貸切りおいしいお弁当    稲葉浅治 
前田川渓谷コース気持よく    稲葉浅治 
サンプル品本物よりもおいしそう    稲葉浅治 
鬼平があかがねメンバーお出迎え    稲葉浅治 
蕣を朝顔と知り子規思う
  ※蕣は朝顔と読むそうです。
  稲葉浅治 
笹の雪残念でした定休日    稲葉浅治 
羽二重に若き日の妻頬想う    稲葉浅治 
親の脛かじりかじって三姉妹    稲葉浅治 
少しづつ大事にかじる親の脛    稲葉浅治 
伸びる芽を摘んじゃいけない親のエゴ    稲葉浅治 
新幹線走り回る子親は誰    稲葉浅治 
リストラで親子就活競い合い   稲葉浅治 
糠床に母の思い出つまってる    稲葉浅治 
水足して減らして苦労主夫の味    稲葉浅治 
食通も思わずうなるかくし味    稲葉浅治 
目で食べよ日本料理の高い皿    稲葉浅治 
忘れそう母の味から妻の味    稲葉浅治 
下総の香取神宮一之宮    稲葉浅治 
大なまず暴れないよに要石    稲葉浅治 
東薫の幻の味「夢」「叶う」    稲葉浅治 
小野川を小江戸佐原の舟下り    稲葉浅治 
二百年前に精緻な忠敬図    稲葉浅治 
松戸公園昔をしのぶ門残る   稲葉浅治 
戸定とは中世よりの古地名    稲葉浅治  
戸定邸部屋数多く驚いた    稲葉浅治  
歴史館明治の写真鮮やかに    稲葉浅治  
松戸神社水戸黄門もお賽銭    稲葉浅治  
記録より優勝狙う走り方    稲葉浅治 
かけひきとやり繰り上手内助の功    稲葉浅治 
人間とコンピュータ戦花火散る    稲葉浅治 
押せば押せ引かば引けよの心がけ    稲葉浅治 
中韓の無理かけひき日本泣く    稲葉浅治 
節分にインフルエンザ鬼と来る    稲葉浅治 
福豆も中国産かと鬼笑い    稲葉浅治 
ホワイトを期待しあげる義理のチョコ    稲葉浅治 
バレンタイン義理を忘れぬ女性達    稲葉浅治 
大雪にめげず梅の香春間近か    稲葉浅治 
東京で出雲大社の初詣    稲葉浅治 
二礼四拍手一礼気持よく    稲葉浅治 
赤い靴はいてた女児の小さな像    稲葉浅治 
供出をまぬかれ残る宮様像    稲葉浅治 
外国人沢山見かける広尾街    稲葉浅治 
暮れお寺新年神社日本人    稲葉浅治 
買ったもの重箱に詰めお正月    稲葉浅治 
十円でお願い多く困る神    稲葉浅治 
出せば来ず出さねば来る年賀状    稲葉浅治 
パソコンの馬競い合う年賀状    稲葉浅治