会トップページ




あかがね会俳句

  新涼や裏まで透ける置時計  塩田杉郎 
  黄落や駅へ集まる並木道  塩田杉郎 
  をみなへし笑みをかすかに道祖神  塩田杉郎 
  ボールペン机に溢れ秋の暮  塩田杉郎 
  うろ覚えシャンソンの出て秋の暮  塩田杉郎 
  駅弁に指先ほどの菊膾   塩田杉郎 
  鶏頭を咲かせ急行通過駅  塩田杉郎 
  萩叢の隠せる磴や海蔵寺   塩田杉郎 
  秋彼岸脱ぎ揃へたる女靴   塩田杉郎 
  「死と乙女」聴く卓上の青蜜柑   塩田杉郎 
  八月は懺悔慟哭祈りの月  塩田杉郎 
  八月は暗し二つの原爆忌 塩田杉郎 
  炎熱の空を怖るる原爆忌  塩田杉郎 
  きれぎれの玉音蝉に紛れつつ  塩田杉郎 
  国会
正直は美徳にあらず夏寒し
 
塩田杉郎 
  バス停に貸し傘あまた梅雨に入る  塩田杉郎 
  夏雲やクレーンは腕ふりかざし  塩田杉郎 
  レコードに若き日の唄巴里祭  塩田杉郎 
  あんパンを銀座に買ふや巴里祭  塩田杉郎 
  大統領若きに拍手巴里祭  塩田杉郎 
  夏川を越して涼しき国に入る  塩田杉郎 
  六月の甲斐の山河に挨拶す  塩田杉郎 
  夏空の散策北岳間ノ岳  塩田杉郎 
  古墳巡り上代の日に灼かれをり  塩田杉郎 
  ほととぎす聴き当ててゐる宿の床  塩田杉郎 
  朝刊を取る白薔薇の香にむせて  塩田杉郎 
  夏めくやバスに蹤きくる雲ひとつ  塩田杉郎 
  初夏のカクテル青き海の色  塩田杉郎 
  大花壇囲む里山青嵐  塩田杉郎 
  母の日は妻を羨む日なりけり  塩田杉郎 
  髪刈つて襟首細き新社員  塩田杉郎 
  中国語に囲まれてゐる花見かな  塩田杉郎 
  色変へぬ松とはいへど緑立つ  塩田杉郎 
  逃水の果てや渡良瀬遊水池  塩田杉郎 
  友の訃の重なりし春逝かむとす  塩田杉郎 
  春一番海坂傾ぐ操舵室  塩田杉郎 
  啓蟄や朝餉の卓をまぶしめる  塩田杉郎 
  東京大空襲の日
スカイツリー三月十日を知らで立つ
 
塩田杉郎 
  薔薇の芽や農薬瓶のラベル剥げ  塩田杉郎 
  確定申告ポストに落とし柳の芽  塩田杉郎 
  読み返す日記やバレンタインの日  塩田杉郎 
  古き文燃やすもバレンタインの日  塩田杉郎 
  ポケットの写真やバレンタインの日  塩田杉郎 
  梅早し人をまばらに松が岡  塩田杉郎 
  梅林に居し人蕎麦に隣せり  塩田杉郎 
  甘酒にくもる眼鏡や梅早し  塩田杉郎 
  絵馬掛けて成人の日の白ショール  塩田杉郎 
  寒雀陽のあるうちの庭仕事  塩田杉郎 
  雪催施設の友を案じをり  塩田杉郎 
  重ね着の身を置き寧し古机  塩田杉郎 
  山茶花の紅白競ふ十二月  塩田杉郎 
  道塞ぐ工事車輛や十二月  塩田杉郎 
  年寄りが席譲り合ふ十二月  塩田杉郎 
  セールスの電話うるさき十二月  塩田杉郎 
     右傾化
世界中何でもありの十二月
 
塩田杉郎 
  小春日や鳩みなうなづきつつ歩く  塩田杉郎  
  綿虫や下谷に巡る寺の数  塩田杉郎  
  石蕗咲くや折り鶴暗き水子仏  塩田杉郎  
  紅葉撮つて枝美しと思ひけり  塩田杉郎  
  うすうすと戦の匂ひそぞろ寒  塩田杉郎  
  一人称単数現在秋の声  塩田杉郎 
  地蔵笑む赤き木の実を持たされて  塩田杉郎 
  やや寒しはや来年の手帳買ふ  塩田杉郎 
  答弁の総理も付けて赤い羽根  塩田杉郎 
  熱燗やビールの不味き夏なりき  塩田杉郎 
  山の日やアルバムに笑む亡き友ら  塩田杉郎 
  藩校の黒塀長き片かげり(鶴岡・致道館)  塩田杉郎 
  なまこ壁めぐらす校舎雲の峰(松崎・岩科学校)  塩田杉郎 
  構内に緑蔭をなす楷大樹(足利学校)  塩田杉郎 
  すぐ届くネット通販灯火親し  塩田杉郎 
  くちなしの咲いて六輔巨泉亡し  塩田杉郎 
  石を噛む芝刈鋏朝暑き  塩田杉郎 
  縞消えし炎暑の横断歩道かな  塩田杉郎 
  クレーンも鉄骨も灼けビルの建つ  塩田杉郎 
  土用鰻品書き重く老舗なる  塩田杉郎 
  鎌倉駅に西口のある涼しさよ  塩田杉郎 
  砂に書く二人の名前夏若し  塩田杉郎 
  うりずんとつぶやいてみる若葉風  塩田杉郎 
  百歳もまじりて市民プールかな  塩田杉郎 
  病葉や久しく絶えし友の文  塩田杉郎 
  新じやがのうひうひしきを買ひにけり  塩田杉郎 
  新じやがも三方が原を選びけり  塩田杉郎 
  らつきようを漬けて二日を家匂ふ  塩田杉郎 
  らつきようを漬け勾玉と輝かす  塩田杉郎 
  新たまねぎ刻むXYZ軸  塩田杉郎 
  国難の二字まなうらに明け易し  塩田杉郎 
  逝く春のあけくれ地震に句をなさず  塩田杉郎 
  逝く春に地震予報の追ひつかず  塩田杉郎 
  熊本に心詫びつつ緑摘む  塩田杉郎 
  被災地に時移り行く雲の峰  塩田杉郎 
  自販機に礼言はれをり四月馬鹿  塩田杉郎 
  花筏被きて鯉のあらはるる  塩田杉郎 
  薔薇の芽や病篤しと友の文  塩田杉郎 
  春の夜やちひさく甘き京の菓子  塩田杉郎 
  春禽や峠に置かれ丸太椅子  塩田杉郎 
  おづおづと春の来てゐる野山かな  塩田杉郎 
  村ごとに遺る祝(ほ)ぎ歌春祭  塩田杉郎 
  夕東風や列車の尾灯遠ざかる  塩田杉郎 
  来し方や明るき部屋に風邪に臥し  塩田杉郎 
  イヤホンのこんがらかりて春の風邪  塩田杉郎 
  啓蟄やホームセンター見てあるく  塩田杉郎 
  宅配便大寒の気も容れ来る  塩田杉郎 
  大寒や狭庭の木々の錆色に  塩田杉郎 
  をちこちに雨戸引く音日短か  塩田杉郎 
  寒鰤や魚屋の手のつややかに  塩田杉郎 
  春立つや教会に鳴る祝婚歌  塩田杉郎 
  数へ日や何か忘れてゐるやうな  塩田杉郎 
  初詣まづはいくさのなきことを  塩田杉郎 
  松納夕刊の来るバイク音  塩田杉郎 
  少女らの合格祈願梅早し  塩田杉郎 
  春待つや竹垣に干すズック靴  塩田杉郎 
  盛り上がる仁王の胸や冬日差  塩田杉郎 
  寒鯉や浅間の裾に馴染み宿  塩田杉郎 
  大根の芯まで熱き厚みかな  塩田杉郎 
  ひととせの喜び怒り日記果つ  塩田杉郎 
  行く年の速きに慣れし齢かな  塩田杉郎
  爽やかや都塵をよそに巨樹の森  塩田杉郎  
  道筋に秋草の名の限りなし  塩田杉郎  
  月明に木の実を降らす巨樹ならむ  塩田杉郎  
  雀蜂かじる園路の案内板  塩田杉郎  
  頼まれて押すシャッターや秋うらら  塩田杉郎  
  白南風やキッチン隅々まで乾く  塩田杉郎 
  蟻に似て就活生の黒き列  塩田杉郎 
  まづ流す山路の汗や峡の宿  塩田杉郎 
  初秋刀魚静かに秋の来てをりぬ  塩田杉郎 
  灯火親しベストセラーを顧みず  塩田杉郎 
  爽やかや松尾桃青立机の碑  塩田杉郎 
  深川は蕉風の故地都鳥  塩田杉郎 
  入試終へサッカーの子に戻りけり  塩田杉郎 
  のどけしや猫駅長の居眠りも  塩田杉郎 
  啓蟄や庭のホースにねぢれ癖  塩田杉郎 
  雪はげし鎖鳴らしてバスの発つ  塩田杉郎 
  春雪や大き茶房の窓ガラス  塩田杉郎
  春寒やビルの谷間に日を拾ふ  塩田杉郎 
  春信の画集を膝に窓の雪  塩田杉郎 
  春寒や机の裏に本落す  塩田杉郎
  スーパーに琴歌流れ若菜籠  塩田杉郎 
  買ひ初めはネット通販日本書紀  塩田杉郎 
  垣越しに朝の挨拶霜柱  塩田杉郎 
  ガラス戸の外に風見え寒桜  塩田杉郎 
  爪切つてからも冬日の縁にをり  塩田杉郎 
  落石の残す響きや滝涸るる  塩田杉郎
  丹沢のよく見ゆる日やみそさざい  塩田杉郎 
  冬晴や中古車市に万国旗  塩田杉郎 
  立冬は誕生日わが自照の日  塩田杉郎 
  暮れ早き浅草に買ふ昔菓子  塩田杉郎 
  炎天や除草機は石跳ね飛ばし  塩田杉郎  
  空蝉や葉陰の三次元コピー  塩田杉郎  
  店先に主待つ犬や片かげり  塩田杉郎  
  海の日や波静けきを願ふのみ  塩田杉郎  
  露涼し「夏の思い出」声に出て  塩田杉郎  
  夏至の日のプトレマイオス天球図  塩田杉郎 
  夏至の日のニュースに世界遺産など  塩田杉郎 
  父の日の記憶夕日の肩ぐるま  塩田杉郎 
  父の日は朝風呂をもて足らひけり  塩田杉郎 
  はかどらぬ稿横切りて夜の蜘蛛  塩田杉郎 
  立ち寄りて小さきパン屋はリラの角  塩田杉郎  
  風切つて銀座五月の膝小僧  塩田杉郎  
  無駄足を無駄足とせず新樹光  塩田杉郎  
  深川や片陰伝ひに七福神  塩田杉郎  
  風鈴やホームの風に句を競ひ  塩田杉郎  
  春泥や能舞台へのつづら折り  塩田杉郎 
  おむすびの取りかへつこや百千鳥  塩田杉郎 
  桟橋を巨船去りゆく霞かな  塩田杉郎 
  自動ドアに「押してください」四月馬鹿  塩田杉郎 
  鬼灯の勝手に芽吹く去年の鉢  塩田杉郎 
  啓蟄の塗り替へられし赤ポスト  塩田杉郎  
  梅林に見しひと蕎麦に隣りせり  塩田杉郎 
  彩りの下の手触り種袋  塩田杉郎 
  北窓を開き眠れる書を覚ます  塩田杉郎 
  春宵や指の先なるキーボード  塩田杉郎 
  冬日差す席から埋まる始発駅  塩田博久 
  離れてはまた寄る鉄路日短き  塩田博久 
  数へ日や街を縫ひゆく救急車  塩田博久 
  行きがけに出すごみ袋初氷  塩田博久 
  一月の速さ年取りゆく速さ  塩田博久 
  兄弟の白髪集まる秋彼岸  塩田博久 
  団栗や童心むしろ父親に  塩田博久 
  新松子天守への坂つづら折り  塩田博久 
  萩刈つていつしかここも住み古りし  塩田博久 
  濁流の上に富士ある台風過  塩田博久 
  乗り換へて乗り換へてなほ青田波  塩田博久 
  難読の駅続きをり夏怒濤  塩田博久 
  朝蝉や折り目正しき城下町  塩田博久 
  藩校の塀に沿ひ行く涼しさよ  塩田博久 
  青柿や月山隠す夏霞  塩田博久 
  あと何が出来るかと思ふ草青む  塩田博久 
  歳時記のカバー掛け替へ夏はじまる  塩田博久 
  好きなシャツ嫌ひなシャツや夏来る  塩田博久 
  旅ガイド机に散らす夏はじめ  塩田博久 
  竹林や竹の子百の闇うごく  塩田博久 
  風光るバスを待つ間のストレッチ  塩田博久 
  山笑ふ急がぬ旅は鈍行で  塩田博久 
  単線の来るに間のあり遠蛙  塩田博久 
  永き日やからくり時計人集め  塩田博久 
  夕雲雀相模国分寺伽藍跡  塩田博久 
  雪晴やペンギン歩きの群に蹤く  塩田博久 
  寒鯉の水底にある日向かな  塩田博久 
  猫柳河原に自動車教習所  塩田博久 
  下萌に紙飛行機の着陸す  塩田博久 
  服部の角より銀座春めける  塩田博久 
  凍蝶の風に耐へゐるいのちかな  塩田博久  
  凍蝶の前息止めて通りけり  塩田博久  
  凍蝶に昼月遠くかかりけり  塩田博久  
  なゐの国に年あらたまる寅彦忌  塩田博久  
  東京駅百年ぶりの初景色  塩田博久