会トップページ
あかがね版画の会

 2009年から2016年までの木版画カレンダーの挿絵を年ごとに纏めたものを下記に掲載しました。それぞれをクリックすると拡大して見ることができます

       

2018年6月あかがね版画の会活動報告  2018年のカレンダーは下記の写真をクリックするとご覧いただけます。  


日 時:6月7日(木)  15:00
集合場所:JR町田駅中央口
参加者:有澤、神山、窪田、小清水、白井、杉森、中村、村井、山森の9名
欠席者:梅崎

    前日の雨もスッキリと晴れ午後3:00にJR町田駅中央改札に集合、つい先刻までの賑やかな町田の広い道を町田市立国際版画美術館へ向かう。
   15分ぐらい歩いて 公園の中にある洒落た町田市立国際版画美術館に到着、「浮世絵モダーン」と銘打つ版画の展示会を見学する。伊東深水、橋口五葉、等の美人画や吉田 博、川瀬 巴水、他多くの版画作家の作品を300点以上堪能して急な坂道を上り、町田駅へ戻る。新興地だが蕎麦屋とか乾物屋とか古い店も多く、なかなか味わいのある街だ。
   駅近辺の「目利き屋銀次」という飲み屋で、歩いた喉を潤おし研究と反省の討論を行う、楽しいひと時である。今後の予定、FA展への共同作品(十人十色)の話をする。
 
連絡事項
〇次回版画の会;7月5日(木)AM11:00 京浜急行横須賀中央駅改札口(出たところ)
   (快速特急も停車します)。生粋の横須賀生れ横須賀育ちの小清水さんが猿島遊覧、や横須賀美術館、三笠公園、どぶ板横丁、それに三浦半島の美味のマグロなど、いろいろ企画しますで 日時を抑えておいて 詳細は又 連絡します。
〇個性豊かな十人十色の共同作品について、テーマについて
   「美女」とか「街通り」など話は弾んだが、参加意向が未だ、まとまらず、持ち越しにした。無論個人参加でもFA展事務局は歓迎。
〇そろそろ2019年カレンダーに取りかかりますが、分担は下記の通り。
   11月1日に持ちより編集する。カレンダー数字とレイアウトは梅﨑さん統一型近々送付
*分担
   表紙 有澤、1月 窪田、2月 窪田、3月 村井、4月 梅﨑、
 5月 中村、6月 小清水、7月 杉森、8月 白井、9月 杉森
 10月 有澤、11月 山森、12月 神山
〇今後の予定
   7月5日 横須賀探訪
 8月 夏休み;各自制作の月
 9月6日 旧三河島汚水処理場、紙の博物館
 10月11日 鹿沼市の川上澄夫記念美術館
                                                                                                               以上
                                                                                             有澤 記


あかがね倶楽部版画会活動内容

   木版画制作講習会を2006年から2年間開催したのを契機に 2008年には「あかがね木版画研究会」を誕生させた。当初5名のメンバーであったが、最盛時には12名が在籍し、月いちで倶楽部に集まり、木版画カレンダーやテーマ作品の制作、時には 先生を招いてのデッサン教室の開催、外に出ては浮世絵展やプロの摺り実演見学、夜は飲食しながらの懇親などで11年が過ぎた。この間、お買い上げいただいた木版画カレンダーは90冊、総額18万円は「桃・柿育英資金」に寄付させて頂いた。又 メンバーの作品は毎年1額 FA展に出品し、特にテーマ作品「感謝(天と地)」「自画像(12人衆)」「十人十色(踊る姿)」は傑作揃いで記念すべき作品となった。
 この11年の間、充実した活動が出来たのは活動を支援してくださった倶楽部と皆さまのお蔭。大感謝!!(有澤邦夫 梅崎克己 神山勝美 窪田城 小清水輝臣 小見山信雄 杉森幹弘 中村昭貞 松岡達男 村井穏曜 山森仁 白井史人)  

 2017年10月からも「あかがね版画会」として 活動は継続する。

                                                                                    記 白井史人 



 
今までのカレンダー

2018年カレンダー

2017年カレンダー

2016年カレンダー

2015年カレンダー

2014年カレンダー

2013年カレンダー


2012年カレンダー

 2011年カレンダー